ロビンズ・ネスト

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Nikon D80】 買いました。

<<   作成日時 : 2006/09/18 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

満を持して発表されたNikon D80ですが、9/1発売予定だったD80 AF-S DX 18-135G レンズキットが予定予約数をオーバして9/15に発売延期になってしまいました。それだけ期待度が大きいということでしょうか。すごいです。

今年頭からデジタル一眼を狙っていて、待ち続けた結果ようやく自分の納得できる機種が出てきたので、D80には個人的に非常に思い入れがあります。機能と価格のバランスが絶妙で、ミドルレンジクラスのデジタル一眼としてはいままでにないポジションのモノを出してきたという印象があります。

実はヨドバシ・ドット・コムで予約していて発売日当日の9/15に届いていましたが、もろもろの事情で今日開梱しました。パッケージです。期待が高まります。
画像


パッケージの中身です。単にボディとレンズの各々のパッケージをひとつの箱に入れていると思っていたのですが、専用パッケージになっていました。ボディとレンズが収められている部屋の他にアクセサリ類がまとまっている部屋が別にあります。
画像


まずはD80を本格的に使い始める前の準備。D80を予約した後、ヨドバシ・ドット・コムでちょうどフィルタを安く売っていたタイミングがあったので迷わず購入しました。その筋では定番、Kenkoの"PRO 1 Digital プロテクター"です。
画像


装着完了。これでレンズは安心です。
画像


D80の巨大な液晶モニターには液晶プロテクターが必須です。D80専用品ではないですが、同じくKenkoの2.5型のハードコートタイプ液晶プロテクターも合わせて購入。ちなみに現在はD80専用品も出ているようですが、ハードコートタイプではありません。
画像


ちなみにD80には「液晶モニターカバー」と称するプラスチックカバーが付いていますが、さすがにこれは使う気にはなりませんでした。
画像


次はバッテリーです。実は昨日のうちにバッテリーだけは充電しておきました。電池がないと何もできないので...
画像


底のバッテリーカバー。矢印の方向に押しながらスライドさせます。
画像


バッテリーの接点を下にして入れます。バッテリーカバーの開閉は、高級感とはほど遠い感じです。もう少しソフトに開閉するギミックを期待していたのですが、カパカパというペラい感じです。
画像


続いてSDカード。実は今回一番心配なのがSDカードです。事前に購入していたPQIのSDカードが使えるかどうか... SDカードスロットは本体右にあります。
画像


スロットカバーを一度手前にスライドしてオープン。
画像


認識してくれますように... D80でフォーマットして、結果は... OKでした!! なんの問題もなく記録できました。よかった。
画像


本体左側のモードダイヤル。"AUTO"や通常の撮影モード以外に、コンデジでよく採用されているシーンモードが搭載されています。このあたりが時代の流れを感じさせます。
画像


本体右側のボタン類。連続撮影やセルフタイマーの操作ボタンがあります。液晶画面に表示されている"509"という数字は、撮影可能枚数を表しています。撮影可能枚数は電源OFF時でも表示されます。ちなみに撮影可能枚数は種々の条件で変化しますが、"509"枚は2GBのSDカードで画質モード"NORMAL"、画像サイズ"L"の場合です。
画像


シャッターボタン。シャッターボタンの周りに回転式の電源ボタンがあるのはNikonの伝統。
画像


全体ショット。9/1発売以降に量販店でも何回か触っていたのですが、こうして実際に手にしてみると思ったより重量感はないです。このくらいであれば許容範囲でしょう。D200の重さはありえない。
画像


D80のロゴ。キムタクのCMは賛否両論あるようですが、個人的にはそれほど悪くないかと。福山雅治だったら引いていましたが。
画像


D80発表以来、デジタル一眼戦線もかなり混迷してきました。Canonはエントリモデルとして"EOS Kiss Digital X"を投入し、PENTAXは来月ミドルレンジの"K10D"の投入を発表。これより前には家電メーカのSONYと松下がデジタル一眼に新規参入。

ほとんどのモデルが手ブレ防止とゴミ取り機能を採用している中、D80は機能面では少し出遅れた感がありますが、NikonはVRレンズでの手ブレ防止を謳っていますし、ゴミ取りはそれほど自分の中ではアドバンテージになる機能ではないと思っています。D80はある意味Nikonブランドの正常進化系ではないかと思います。

優れた技術がしのぎを削って低価格化に向かうことはよいことですが、個人的にはこれまでの伝統やブランドイメージも大きな要素です。Nikonには世の中の大きなうねりの中で、自分を見失わない製品づくりをこれからもお願いしたいものです。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D80 AF-S DX 18-135G レンズキット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても参考になりました。実は自分も狙ってたりするんです。
CMはまぁ確かにアレですが、もう最近は木村拓哉には降参してます。アンタ何やってもカッコイイよと(笑)
それはさておき、秋に向けて様々な景色をまたUPして下さいね。S2000のお話などもあればぜひ。
moto
2006/09/18 22:24
お、motoさんもですか。D80は名機の予感がフツフツとして、すごく気に入りました。ぜひ手にとってみてください。

ただ、銀塩と違ってデジタルカメラの世界は技術進歩が非常に早いですから、10年のスパンで生き残る名機が本当に出てくるのか疑問でもあります。

ようやく頭皮にやさしい季節になってきたので、エスくんにD80を載せて走ってみようと思います。
sheepman
2006/09/18 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【Nikon D80】 買いました。 ロビンズ・ネスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる