ロビンズ・ネスト

アクセスカウンタ

zoom RSS Orobianco Rufus [オロビアンコ ルーファス]

<<   作成日時 : 2010/05/03 14:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、大量の資料を持って外出することが増えてきて、昨年購入したBALLYのブリーフケースでは鞄ひとつで出かけることができないことが多くなりました (BALLYのブリーフケースの記事はこちら)。

マチがそれなりに広く、資料を入れても膨らんで見えない鞄を探していたのですが、ナイスなブリーフケースを発見したのでゲット。Orobianco [オロビアンコ] のRufus [ルーファス] というブリーフです。新宿高島屋に今年3月にオープンした「クアトロ・アンゴリ」で購入しました。

オロビアンコは以前から気になっていたイタリアのファクトリーブランドです (公式サイトはこちら)。ただしブリーフケースは素材がナイロンのものがメインで、個人的には安っぽい感じがして手を出していませんでした。

しかしこのRufus、通常のRufusとは異なりクロコ型押しのレザーを前後面に使い高級感満点。サイドはナイロンを使っていますが、レザーとうまくマッチングしていて気になりません。ショップ別注品ではないとのことですが数量限定で在庫は全国でも店頭に並んでいるもののみということで、迷わずゲットしました。

型はRufusを継承しているものの、素材は別物。通常のRufusはナイロンのみで構成されています。
画像


クロコの型押しレザー。色バリはこの他に黒とこげ茶がありましたが、この赤茶がドンズバでした。
画像


裏面はこんな感じ。ロゴが付いていないだけです。
画像


サイドはナイロン素材。ジッパーがサイドまで回り込んでいるため、開口部が広く荷物の出し入れも楽です。マチも広く大量の資料を入れても鞄が膨れません。またナイロンをベースとしているためか、BALLYのブリーフケースと比べて鞄自体が軽いです。
画像


ジッパーは両開き。
画像


前後のレザー部はポケットになっていて、マグネット式の留め具で留めるようになっています。
画像


サイドにも実はポケットがあります。
画像


持ち手はレザー巻き。本体に直付けなので、折りたたむことができないのが残念。
画像


ジッパーを開くとこんな感じ。荷室は1室です。
画像


内部の小物入れは、ファスナーポケットと携帯電話用ポケット、ペン挿しとシンプルな構成。
画像


インナーの生地にもオロビアンコのロゴ。
画像


底には鋲が打たれているので、鞄を直接床に置いても大丈夫。
画像


BALLYのブリーフケースで使っていた「カバンの中身」もそのまま移行できました (カバンの中身についての記事はこちら)。
画像


クロコの型押しレザーと赤茶のカラー、オンタイムにはかなりインパクトがあるアイテムですが、これからの季節の通勤も楽しくなりそうです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Orobianco Rufus [オロビアンコ ルーファス] ロビンズ・ネスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる