ロビンズ・ネスト

アクセスカウンタ

zoom RSS NTT docomo マイエリア導入

<<   作成日時 : 2010/06/14 18:24   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

拙宅はマンションの高層階にあります。最近のタワーマンションのような超高層ではないのですが、それなりの階数になります。

高層階に住んで初めてわかったのですが、家にいるのに携帯の電波が届きにくいということがあります。特にdocomoの通信方式が第三世代のFOMAになってから、電波の特性上なのかさらに繋がりにくくなりました。

アンテナ表示が1本から3本の間で安定しなかったり、音声通話が聞き取りにくかったり、iモードが繋がりにくかったり、なんていうことはしょっちゅうです。自宅にいるのにこの状況が発生しているのはかなりストレスが溜まるので、何回かdocomoに問い合わせをしたのですが、「FOMAの電波の特性上仕方がない」「高層マンションではよくあること」「対策にはマンションで小型基地局を設置するしかない」と、申し訳なさそうなスタッフの回答が返ってくるだけでした。

こうした中で、数年前くらいからこの状況を打破する朗報が聞こえてきました。「フェムトセル」とよばれる家庭用の超小型基地局の開発に各社が着手している、というものでした。フェムトセルを最初に目にしたのは、たしかケータイWatchのこの記事だったと思います。しくみは記事を参照いただければわかると思いますが、家庭用の電話回線と基地局を接続することで携帯電話の通信エリアをカバーするというものです。

それから数年、日本の技術進歩というものはすばらしく、各社から実用化されたフェムトセルのサービスが開始されだしています。NTT docomoでは「マイエリア」というサービス名称で2009/11から提供されていますが、恥ずかしながら提供されているのをわたしが知ったのは今年の4月になってからでした (マイエリアの公式サイトはこちら)。何でもっと早く気づかなかったのか悔やまれますが、さっそく申し込みを行いました。

しかしフェムトセルは小さいながらも基地局。電波法に定められた運用をする必要があるため、利用には総務省に届け出る必要があります。実際には利用開始前にdocomoのスタッフが設置場所 (自宅) に利用環境の調査を行い、問題ないと認められれば総務省に申請を行います (申請手続はdocomoが代行)。申請が通ると再びdocomoのスタッフが設置場所 (自宅) に来てフェムトセルの設置作業を行いようやく開通となります。

申し込んでから最初の利用環境の調査までが1週間、調査後総務省への申請手続が約2ヶ月、申請が通ってフェムトセル設置までの日程調整で1週間くらいかかります。わたしの場合、最初の調査日が4/30で本日開通だったので約1.5ヶ月掛かったことになります。現在土日はかなり混んでいるようなので、スタッフの訪問日程の調整を考えるとやはり2ヶ月以上は覚悟したほうがよさそうです。

ということで本日設置したフェムトセル。中央の白いお弁当箱のような筐体がそうです。
画像


前面上部には電源ボタン。
画像


下部には各種インジケータ。通信時には"LAN"が点滅します。
画像


背面上部には味気ないアンテナ。
画像


背面のポート類。上はDIPスイッチで、中央がLANポートになります。ちなみに設置時には、インターネット接続してからdocomo側のサーバとの自動認証処理に10分程度、認証後の簡易テストに1時間程度掛かります。簡易テストは、訪問スタッフがセンターと電話でやりとりしながらDIPスイッチを変更して2回に分けて実施していました。
画像


今回強制的に付けられてしまったハブ。左側のポートがインターネット側 (VDSLモデム) で、右側でフェムトセルとルータに分配しています。ルータに空きポートがあったのでフェムトセルをそこに接続するようにスタッフに依頼したのですが、フェムトセルとVDSLモデムを直結しないと動作保証が取れないとのこと。シブシブこのような形になりました (「たぶん動くと思うんですけど...」とスタッフも言っていましたが)。
画像


ということで設置完了。左からNAS、フェムトセル、無線LANルータ、VDSLモデムです。効果は当たり前ですがてきめんで、室内でも携帯の電波は安定してアンテナ表示は全開です。しかも基地局を占有しているせいか、iモードも通常よりかなり高速で表示できている気がします (あくまで感覚ですが)。セキュリティ上もフェムトセルに登録された端末しか接続できないので、外部から勝手に使われてしまうこともありません。
画像


なお前述のとおり、フェムトセルは電波法に基づいて設置されている機器になるため、自宅といえども勝手に場所を動かしたり配線を変更したりできないことになっています。法律上運用人に認められている操作は、(1) 電源スイッチのON/OFF、(2) リセットボタンの押下、(3) 同一居室内の軽微な移動、のみだそうです。また、現在発売されている端末はマイエリアに入ったときに自動で接続する機能を持っていますが、旧機種ではマイエリアに入るごとに特定のダイヤルにコールして手動で接続する必要があります。わたしのSH-06A NERVも、実は手動接続の機種だったりします...
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NTT docomo マイエリア導入 ロビンズ・ネスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる