ロビンズ・ネスト

アクセスカウンタ

zoom RSS お手軽ウイスキーソーダ

<<   作成日時 : 2010/08/21 14:30  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

小雪さんのCMの影響で、最近爆発的に流行っているハイボール。居酒屋に行っても最近はメニューにハイボールが普通に載っていて、若い学生さんが「ハイボール !!」と注文するのを見るにつけ、時代も変わったなと思います。

世に言う「ウイスキーブーム」以前から飲んでいる身としては、ブームに乗って注文していると思われるのもシャクなので、いつも顔を出すバーでは「ハイボール」ではなく「ウイスキーソーダ」と注文するようにしています。

家飲みではいつもビールから入るのですが、こう暑いといつも飲んでいるヱビスだとコクがありすぎるように感じてきました。のどごしがもっとすっきりしたものにしたいと思っていてバドワイザーやハイネケンを試したのですが何かが違う。

いろいろ模索していて最近ハマりだしたのが缶入りハイボールです。ウイスキーとソーダ買ってきて自分で作れよ、という感じですが、疲れて帰ってきて後は寝るだけ、というときに口をプシュっと開けてお手軽に飲めるのがめんどくさがりの自分には合っているようです。

まずはブームの火付け役になったサントリー角瓶のソーダ割りをそのまま缶にしたその名も「角ハイボール缶」。350mlがコンビニで198円程度と、ビールとそれほど変わらない価格。缶の表面に角瓶の表面の亀甲模様をあしらった凹凸があり、高級感があります。適度にウイスキー感もあって今のところのわたしの一押しです。
画像


アサヒの「ブラックニッカクリアハイボール」。350mlがコンビニで178円と少し安めの価格設定です。ニッカブランドですが缶のデザインはイマイチ。「角ハイボール缶」よりもレモンが利いていてどちらかというとチューハイに近いかもしれません。体力が弱っているときはこちらをチョイスしてグビグビ飲みます。
画像


昨年購入した銅製タンブラーが今年の猛暑には大活躍しています (以前の銅製タンブラーの記事はこちら)。熱伝導率がいいため、長時間冷たさが持続します。
画像


氷を入れます。氷を入れてすぐにウイスキーソーダを注ぐのではなく、30秒ほど氷でタンブラーを冷やしてから注いだ方が、銅製の場合は冷たさが持続するようです。
画像


そのままイッキに注ぎます。爽やかにグビグビ飲めます。
画像


ウイスキーソーダに変えてから副次的な効果がありました。ビールだと毎日350ml缶を2本以上は飲んでいたのですが、ウイスキーソーダの場合は氷で嵩が増えるのとアルコール分が7%なので少量でそれなりにいい気持ちになれるのとで、今のところ毎日1本で収まっています。体調面でもコスト面でもいい傾向です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
若い人のビール離れが囁かれて久しい昨今ですが。。
なぜその代わりにハイボールなのかと
不思議に思ってます。
ビールは苦いだのとぬかすのはまぁいいとして、
ハイボールだってそんなに甘くも
飲みやすくもないだろと。

う〜むやはりサントリーCM恐るべし・・なのか(笑

ま、いきなり「カシスオレンジ〜」とか頼まれるよりは
良い傾向だとは思いますけど(笑

かくいう自分は最近専らローゼスのソーダ割です。。
でも、やっぱりなぜかこの出来合いの缶ハイボールって
美味いんですよね〜。何が違うのやら。。
moto
2010/08/22 00:43
いやぁ、おいしいですか (笑)

バーでスタッフが作ってくれるウイスキーソーダに優るものはないと。比較すること自体がナンセンスなので、缶ものはこんなものだと思って飲んでいます。
sheepman
2010/08/22 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お手軽ウイスキーソーダ ロビンズ・ネスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる